Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 施工管理がどんな仕事かぜんぶわかるのコーナー! » 建築機械の施工管理はこんな仕事

建築機械の施工管理はこんな仕事

建築機械の施工管理の1日

朝礼・体操8:00
8時に現場に出社して、朝礼や体操を行います。

現場監督9:00
それぞれの現場で計画通りに作業が進んでいるか、困ったことはないかなどチェックします。

休憩12:00
職人さんと一緒に1時間休憩をとります。

現場監督13:00
施工が再開したら、現場監督の仕事に戻ります。事故が起こらないよう細心の注意を払って巡回します。

機械整備15:00
機械の状態をチェックします。調子の悪い重機があれば、治せそうな症状なら修理をします。

書類作業16:00
事務所に戻り、報告書など書類の作成をおこないます。今日の業務をまとめ、明日の工程を確認します。

退社18:00
明日の予定を確認し、本日の業務は終了です。

1日の流れについてまとめ

Doorsイメージキャラクター「メガネ君」
メガネ君

建設機械施工技士は、機械を操縦する技術者の安全を守るという重要な役目があるので、重機を使って工事をしている間は、現場に常駐します。特定自主検査員の資格も持っていれば、機械の整備も行うようです。現場の作業が終了してからが事務所での書類作業タイム。仕事を全て終えて退社するのは、夕方以降になるでしょう。少し残業をして帰宅するというスケジュールが想定されます。

建築機械施工管理の仕事の大変なところは?

ブルドーザー・油圧ショベル・ロードローラーなど建設機械を使った施工を監督する仕事です。

まずは、重機の知識が必要です。施工計画を作成するときは、工事監理者や元請け、協力業者など、多くのスタッフが理解できるよう分かりやすい計画書を作成するよう気を付けなければいけません。

大切なことは安全管理。作業員が安全に作業できるようしっかりと管理する必要があります。写真を撮影して記録を残すこともあります。外での作業現場なので、天候によるスケジュールのズレが生じる場合もあります。納期に間に合うように全体の工程を調整するため、柔軟に対処できる力が必要とされます。

【インタビュー】
10年のベテランは語る
「施工管理の魅力」

建築機械の施工管理ならではの仕事内容

建築機械施工管理の仕事は、他の施工管理者や技術者、元請け業者などの橋渡し役も兼ねています。そのため、多くの人と上手に意思の疎通ができる人が向いているといえるでしょう。

一人で黙々と作業をするような仕事ではなく、現場で人と関わりながら行う仕事です。重機、大きな機材を使用する現場なので、安全性の管理が重要な任務です。

作業員が安心して仕事をできるよう、日々、しっかりとチェックを行います。仕事においては、危機管理能力があり、責任感の強さが求められます。現場で起こるイレギュラーな事態に、柔軟に対応し、的確に判断しながら場を采配していく仕事なのです。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社