Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 【緊急インタビュー!その2】元採用担当が語る施工管理業界の実態 » 土木施工管理のつらみ

土木施工管理のつらみ

土木施工管理はこんな仕事

土木施行管理は、国家資格がある職種です。「土木施工管理技士」という国家資格があり、橋や河川の工事を管理するのが主な仕事です。1級は年に1回試験が実施され、2級は年に2回実施されます。1級は河川や道路など土木工事における主任技術者としての技術、そして2級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入に関する技術に分かれます。

橋やトンネル、道路などの工事で施工計画を作成したり、作業工程の管理や、安全、品質、コストの管理まで行います。主に公共工事で必要になりますので、土木建築に従事する人にとって、取得しておく必要がある資格です。安全や品質、工程などと土木工事を成功させるために必要なポイントを押さえて、全体の工程を把握しておくことが求められます。

土木施工管理のキツみエピソード

土木施工管理ならではのキツさがあるポイントについて、実際に働いている方の意見をまとめました。

日々違うことを経験できるがキツイ

意義のある仕事ですし、毎日違うことを経験できるのが魅力ですが、労働環境としてはキツイです。中小企業の場合では、自給に換算する最低時給を割る月もあります。ストレスが多い仕事なので、資格と収入のバランスが取れていないと感じることも。人手不足によってどこでも仕事はあるのだが、しわ寄せが管理者に来ることから、脱退する人が多いのも事実です。

参照元:honne.biz【職種】土木施工管理技士が明かす仕事の本音http://honne.biz/job/l1060/

膨大な量のデータを取り扱う

色々な人とコミュニケーションを図れるのが良いのですが、写真の整理などが大変です。自由度も高めだとは思うのですが、仕事が終わらないほどの量があります。ストレスも多いのが悩みの種です。

参照元:honne.biz【職種】土木施工管理技士が明かす仕事の本音http://honne.biz/job/l1060/

天候に左右されて、計画通りにいかないことが多い

土木施工は屋根が無いので天候に左右されて施工期間が短くなることも…納期を守らなくてはならないので、天候を言い訳に納期を伸ばすことはできないことが多いでしょう。

短くなった施工期間で、現場を動かさなければならないので、責任も重大です。

その結果、短納期で施工を完了させないといけないので、休日出勤や、残業が多くなってしまします。

参照元:キャリアガーデン:https://careergarden.jp/dobokusekoukanrigishi/taihen/

長時間勤務になりがち…

土木施工は、道路やトンネルなどにかかわることが多く、公共工事は書類が多いです。

発注者が国や自治体が多いので、どうしても提出する書類が多くなってしまうことがあります。

土木施工管理は、日中は現場で進捗の確認を行い、夕方以降に書類整理を行うことが多いので、長時間の勤務になってしまいます。

参照元:建設業界ニュース:土木施工管理のきついところ5選【できるだけキツくない会社の選び方】https://kensetsu-gyokai.com/dobokusekokan-kitsui/

施工管理はやっぱりきついのか?
元採用担当に実態を
インタビュー

続けられることが大事!
ホワイトな施工管理の転職先
in東京

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社