Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 【緊急インタビュー!その2】元採用担当が語る施工管理業界の実態 » 彼らが施工管理を辞めた理由とソノサキ

彼らが施工管理を辞めた理由とソノサキ

施工管理を辞めた人の理由

現在の建設業界は、前時代的な体制が残っているところが多く、休みの少なさや残業の多さなど待遇面で折り合いがつかずに辞めてしまう人が多いようです。建設現場は冷暖房がなく、場合によっては職人の補助などを行う場合もあるため体力的なきつさも理由の一つでしょう。

また、上司や現場の職人と板挟みにあって、人間関係に疲れて辞めていく人も見かけます。こうした人間関係のトラブルはどの職種でもあり得ることですが、労働時間が長いと苦手な人と接する時間が増えるため多くなる傾向も。逆に長く続けるためには、上手に人間関係を築いて居心地の良い環境を得ることが大切かもしれません。

施工管理を辞めた人たちはどこへ行った?

仕事を辞める理由は人それぞれですが、社会では何らかの仕事をしなければ生きていけません。施工管理を辞めて他の業界に入る場合、どのような業界が考えられるでしょうか。

施工管理で培ったコミュ力を活かして…営業職

施工管理の仕事はクライアントと職人の間に入って打ち合わせをすることが多く、営業的な側面も持っています。しかし、営業はサービス残業が当たり前の世界。接待なども多いため、勤務時間的にはハードになるかもしれません。

同じ体育会系でなじみやすい…飲食業界

施工管理は直接現場作業をするわけではありませんが、体育会系の雰囲気があるため同じような雰囲気の飲食業界でも活躍できそうです。チーム体制の仕事で、現場をまとめる能力が活かせそうですが、建設業界以上に人間関係に悩むことも多いです。

イエからヒトへ…介護業界

同じく体育会系といえる介護業界でも磨いたスキルが活かせそうですね。コミュニケーション能力はお年寄りと接する際に最重要といえるスキルです。ただし、気難しい高齢者も多く夜勤もあるため、精神的には負担が大きい職種です。

デスクワークだしなんとなくおしゃれ!…IT業界

施工管理の仕事は書類をまとめるデスクワークが多いため、同じくデスクワークがメインのIT業界にいけるかもしれません。しかし、基本的なPCスキルはあるものの、IT業界は専門的な知識が多いため、また1から多くの事を学ぶ必要はあります。

公務員目指して試験勉強…フリーター

安定を目指して一念発起、公務員試験を受けるのも良い選択肢です。合格すれば安定の職種ですが、年齢制限があるので注意しましょう。万が一合格できずに年齢制限を迎えてしまった場合を考えて、代替案を用意しておく必要があります。

施工管理の仕事がつらい人へのまとめ

施工管理の仕事には独自のつらさがあり、毎日働いていると悪い面ばかりが目立ってくるものです。長年働いていると、他の職種がカッコよく見えたり、うらやましく感じたりしますよね。しかし、他のどんな仕事にも、外からは見えないつらい部分は必ずあります。逆に施工管理でしか得られないメリットややりがいもあるでしょう。どうしてもつらいときは他の仕事について調べてみて、一長一短があることを知れば、施工管理の良さを再確認できるかもしれませんね。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社