Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 施工管理がどんな仕事かぜんぶわかるのコーナー! » 建築の施工管理はこんな仕事

建築の施工管理はこんな仕事

建築の施工管理の1日

起床6:00
担当している現場によって起床時間は変わってきます。遠い現場を担当するときは少し早起きする必要もありますが、現場開始時刻は決まっているため、無茶な早起きは基本的にありません。

出勤8:00
会社によって現場直行OKの場合と、必ず出社してから現場に向かう場合に分かれます。

朝礼8:30
現場、または会社で朝礼やラジオ体操を行います。その日の流れや危険ポイントなどもチェックして共有します。

現場確認9:00
現場全体を見て、作業の進捗、問題の有無などを確認します。現場の安全性などをチェックするのも重要な仕事です。

休憩12:00
休憩は1時間しっかりと取るところが多いです。現場によってまとめて注文する場合もあれば、自分で弁当を持参する人もいます。

打ち合わせ13:00
各作業を行うリーダーと打ち合わせして、翌日以降の流れなどを確認します。現状問題が起きていないかなどもヒアリングします。

現場確認14:00
午前中と同じように現場を確認します。日没と同時に消灯となる場合がほとんどで、消灯間際には作業の進捗などをチェックしてから現場を片付けて施錠します。

書類整理など17:00
事務所に戻った後は発注や計画書などの書類整理をして明日の指示書を作成します。

退社18:00
現場で特にトラブルがなければ早い時間に帰宅できる場合が多いようです。他業種と同じように、決算前など繁忙期には多少の残業が発生することもあります。

1日の流れについてまとめ

Doorsイメージキャラクター「メガネ君」
メガネ君

建築の現場ってアバウトなイメージがあったけど、実際に見てみると意外とキッチリしている印象ですね。現場のスタートと終わりは決まっているから、書類整理などをスムーズに終わらせればスムーズに帰宅することもできそう。規則正しい生活ができて健康になれそうです!

建築施工管理の仕事の大変なところは?

建築の現場では様々な業種の職人さんが集まるため、さまざまな性格の人をまとめるのは一苦労。安全性が求められる建築現場では、管理者として命に関わる責任が発生するのも大変な部分です。トラブルが発生した際は、責任者として解決する能力も必要となります。繁忙期は担当現場が増えることもあり、書類整理などで残業が発生することもあります。

【インタビュー】
10年のベテランは語る
「施工管理の魅力」

建築の施工管理ならではの仕事内容

基本的に一つの作業のみを担当する職人さんと違い、最初から最後まで一つの現場に関わるというのは施工管理ならではの仕事です。また、職種や年齢など様々な人をまとめる、というのも施工管理ならではの経験でしょう。結婚して家族が増えたときなど、施工管理で培ったリーダーシップが活用できるかもしれませんね。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※離職率 10% 以下で未経験から入れる建設技術者派遣会社をピックアップ
90%が未経験入社
ド素人をプロに育てる
株式会社
リレーション
  • 現場は東京30km圏内のみ
  • フォロー体制が高評価

初任平均月収27万1400円(固定残業代4万円以上含む)

月給参照元:エン転職
(https://employment.en-japan.com/desc_928909/)
ビッグな建物に
関わる達成感
C4
株式会社
  • 地方在住でも地元で働ける
  • クライアントは大手ばかり

月給25万円~(固定残業代4万3千円以上含む)

月給参照元:公式HP
(https://c4inc.co.jp/company/recruit/beginners/)
研修は少人数制!
独自の人材育成がウリ
アイアール
株式会社
  • 地方の現場でも住宅補助あり
  • 帰省費用負担の福利厚生

月給25万円~(転勤なしの場合)

月給参照元:リクナビネクスト
(https://next.rikunabi.com/company/cmi3500478001/nx2_rq0017316633)