Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 施工管理がどんな仕事かぜんぶわかるのコーナー! » 空調・電気系の施工管理はこんな仕事

空調・電気系の施工管理はこんな仕事

設備系(電気工事・管工事)の
施工管理の1日

起床6:00
担当する現場の場所によって起床時間は変わります。遠い現場の場合少し早起きする必要もあります。

出勤8:00
現場直行OKの会社が多いようです。その時の状況によって事務所に寄ってから現場に向かう場合もあります。

朝礼8:30
現場についたらラジオ体操、その日の作業の流れや危険ポイントなどの申し送りをします。

現場確認9:00
作業が始まったら、指示書通りに配線や配管が通っているかなどのチェクを行います。危険な作業が無いかなどの観点もチェックが必要です。

休憩12:00
職人さんのお昼休憩に合わせて休憩です。きっちり1時間取る現場が多いようです。

打ち合わせ・役所届け出など13:30
各職方のリーダーと打ち合わせして翌日の流れや進捗などを確認します。役所への届け出が必要な作業がある場合は、開庁時間のうちに書類提出などに行く場合もあります。

現場確認14:30
午後も終了時刻まで現場確認です。終了前にはその日の進捗を確認して、片付け清掃した後に施錠して現場終了です。

書類整理など17:00
事務所に戻り、翌日の指示書や図面作成などをおこないます。現場で必要となる電線や水道管などの資材発注も施工管理の仕事となるケースが多いです。

退社18:00
その日のまとめや翌日の準備が終わったら帰宅となります。トラブルが無ければ基本的には早く帰る会社も多いです。問題があれば原因究明などで残業することもあります。

1日の流れについてまとめ

Doorsイメージキャラクター「メガネ君」
メガネ君

現場によっては朝早い日もありそうですけど、基本的に早く帰れるのはうれしいポイントですね。資材などの専門知識を覚えるまでは書類整理や発注が大変そうですが、マスターしてスムーズにこなせばノー残業DAYも作れそう!

設備施工管理の仕事の大変なところは?

設備施工管理の仕事は、現場の作業をまとめるために専門知識を覚えなければいけないのが大変なポイントです。材料の種類や使い方、施工方法などの知識がないと現場で指示を出せません。新しい材料や技術もどんどん登場しますので、常にアンテナを張って最新情報をインプットする必要があります。また、現場のリーダーとして他の職方との調整を行うために、リーダシップも求められます。

【インタビュー】
10年のベテランは語る
「施工管理の魅力」

設備施工管理ならではの仕事内容

電気や水道といった設備系の工事は、他の職方との兼ね合いが多く発生するため現場での調整が必要となります。配管を通す位置の打ち合わせ一つとっても多くの職人とのすり合わせが必要となります。このような人と人の間に立つ調整力のように、公私ともに生かすことができる能力を伸ばせるのがこの仕事の大きな魅力です。

給排水管更新工事

給排水管更新工事は、給排水管の劣化を防ぐための工事となります。何十年にも渡って快適に生活をするためには、建築物内の給排水設備の見直しが必要です。配管を修復するというよりも、配管を新しく取り換えるのが、給排水管更新工事の目的となります。

給排水管や衛生設備の問題を事前に予防しておくことは、建築物の資産価値を低下させないために必要なことです。適切な時期に更新工事を行います。目安としては、15年ほどでメーター回りの設備の更新、20年から25年ほどで共有部の配管更新、30年で専有部の配管の更新です。

管工事施工管理技士は工事の流れの中で、施工計画や実施する際の安全確認や品質を管理します。どのような配管材を用いるのか、どのような工法で工事していくのかを考え、工事の進捗を管理するのです。

実際の工事の流れは以下の通りです。

  1. 事前調査
  2. 計画
  3. 工事着工
  4. 準備・養生
  5. 既配管撤去
  6. 配管更新
  7. リークテスト
  8. 保温・塗装
  9. 搬出

建物は時間経過と共に劣化していきます。特に古い建築物の場合には、鉄の給排水菅を使用していることも多く、鉄さびや腐食などのトラブルが発生することがあります。どのような資材を用いて、給排水管の更新工事をするのか決定する必要があるのです。

他には、配管更新が完了してからも、リークテストをして漏れがないかを確認します。空圧テストや水圧テストなど、配管に見合ったテストを実施するのも業務内容に含まれます。

更新工事を行うと、赤水や青水などのトラブルが解消されますし、衛生面での安全性が確保できるのがメリットです。また配管が新しくなることで、破裂などのトラブルを防止でき、漏水やそれを起因とするトラブルも防止できます。

配管の劣化を防ぐには、建築物の構造や時期に合わせて、管内診断や目視調査をすることが重要。管工事施工管理技士には小さな劣化も見逃さない注意力も必要とされます。

配管工事

配管工事は、建物の配管をします。例えば、建物にはガスや水道などの配管を設置しなければなりません。建物の前まで来ているガスや水道を使用するには、設備があるところまで配管でつなぐ必要があります。配管工事の仕事とは、部屋や設備がある部分まで配管をつなげ、生活のインフラを整えることなのです。

さらには高層ビルなどの建築物の場合には、空気を行き来させるためにダクト工事も必要です。大きな建築物の場合は、部屋の至る所に暖冷房のためのダクトを設置しなければいけません。これも空調に関連した配管工事に含まれます。

最後に、工場などで空気や水だけでなく、製品の原材料を通すための配管であるプラント配管などの工事も行います。施工の際は材料に合わせて、適切に配管する必要があるのです。

配管工事の場合の流れは以下の通りです。

  1. 仕様書の決定
  2. 配管材の搬入
  3. 菅の切断やねじ切り
  4. 管端処理
  5. ネジ加工k
  6. 接着ツール材等の塗布
  7. 菅の接合
  8. 防さび処理
  9. 配管支持固定
  10. 配管テスト
  11. 保温施工

配管工事をする前に、建築物の仕様書の確認から始めます。流体に適した配管材を使用したり、切断や加工方法の確認をしたりするのです。仕様書は国交省が発行している場合や、住宅金融支援機構の場合もあるので、建築物に合わせて申請します。

仕様書に合わせて、配管材を搬入し適したサイズで菅を切断したり、管端処理をしたりします。接着シールを塗布した後に、接合してさびないためにシール材も塗布。これによって、さびを防止し長期間配管を使用できるようにします。

加工した配管に問題がなければ、配管支持固定をして、テストを実施します。テストにも合格した後に、保温施工を行って完成です。

配管工事においても、テストは非常に重要なステップとなります。工事によって施工方法が異なるので注意が必要ですし、配管がさびていたり、寸法違いがあったりすると、施工ミスとなるからです。

管工事施工管理技士が配管工事を行う場合、慎重に仕様書を読み込み、指示通りに配管工事をすることが大切なのです。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※離職率 10% 以下で未経験から入れる建設技術者派遣会社をピックアップ
90%が未経験入社
ド素人をプロに育てる
株式会社
リレーション
  • 現場は東京30km圏内のみ
  • フォロー体制が高評価

初任平均月収27万1400円(固定残業代4万円以上含む)

月給参照元:エン転職
(https://employment.en-japan.com/desc_928909/)
ビッグな建物に
関わる達成感
ウィルオブ・コンストラクション
  • 地方在住でも地元で働ける
  • クライアントは大手ばかり

月給25万円~(固定残業代4万3千円以上含む)

月給参照元:公式HP
(https://c4inc.co.jp/company/recruit/beginners/)
研修は少人数制!
独自の人材育成がウリ
アイアール
株式会社
  • 地方の現場でも住宅補助あり
  • 帰省費用負担の福利厚生

月給25万円~(転勤なしの場合)

月給参照元:リクナビネクスト
(https://next.rikunabi.com/company/cmi3500478001/nx2_rq0017316633)