Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 【緊急インタビュー!その2】元採用担当が語る施工管理業界の実態 » 内装施工管理のつらみ

内装施工管理のつらみ

内装施工管理はこんな仕事

着工から竣工まで工程を組んで、引き渡しまでの日程を管理します。主に内装に関する施工を管理しますが、内装工事には、壁紙や設備など複数の業者が出入りして作業しますので、業者ごとに連絡をして、工程表に落とし込んでいく必要があります。

施工実績などを考慮して、適材適所に業者を選ぶので、仕事をこなすには内装分野に関する経験も必要です。また、実務経験だけでなく、現場の流れを把握して段取りを決めていく、マネジメント力のある人に向いています。

内装施工管理のキツみエピソード

内装施工管理ならではのキツさがあるポイントについて、実際に働いている方の意見をまとめました。

現場の休みは少ない可能性

施工管理を分かっていると、営業など他の業務にも経験が活かされる可能性があります。何もやったことがない人よりも、転職をする際にも役立つと思います。しかし現場の休みが少なかったり、朝早かったりするのは考慮すべき点かも。このあたりは会社によって異なりますが、一般的には大変かもしれないですね。経験があれば、他のところで活かされるとしても、業界の大変さは変わらないのがデメリット。

参照元:yahoo知恵袋:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10174945010?__ysp=5YaF6KOF5pa95bel566h55CG

ブラックな現場がある

内装施工管理の現場によっては、徹夜や長時間の残業があたり前に行われてる場合も。現場自体が、ブラックを容認しているケースもあるようです。

工程上、全体スケジュールの終盤に位置するので納期がしくなる…

建物を建てる最後の段階に当たる内装施工。

他の工期が遅れての進行管理になることもあり、納期を守るために短期間で作業をしないといけないことで激務になることもあります。

お客様のこだわりの部分でもあり、お客様自身がチェックしやすいということもあり、施工を丁寧に行わないとやり直しになる場合も…/

短納期できれいな施工を行わないといけないので、厳しい状況です。

参照元:Tap-biz:https://tap-biz.jp/job-hunting/job-research/1062029

施工管理はやっぱりきついのか?
元採用担当に実態を
インタビュー

続けられることが大事!
ホワイトな施工管理の転職先
in東京

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社