Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 施工管理がどんな仕事かぜんぶわかるのコーナー! » ゼネコンの施工管理はこんな仕事

ゼネコンの施工管理はこんな仕事

建設業イメージ

ゼネコンとは

もともとは「General Contractor(ゼネラル・コントラクター)」という英語が元の和製英語です。ダムや橋、ビルなどの大規模建築をまとめて請け負う総合建設業者といった特色の会社が多いです。誰もが名前を知っているような有名な数社を「スーパーゼネコン」と呼ぶこともあります。実際に工事を行うのは下請けの業者ですが、大きな規模の仕事をまとめ上げる資金力とリーダーシップを持っています。

ゼネコンの施工管理職の仕事内容

ゼネコンの場合もハウスメーカーなどの施工管理職と基本は同じですが、建築の規模が大きいため多少異なる部分もあります。

一つの現場が大きいと一人では管理しきれないため、数人のチームを組んで現場管理を行うことがメインとなります。そのため、現場の管理能力に加えてチームワーク能力も成長することができるでしょう。

また、チーム内で担当を分担するため、さまざまな業務を経験して何でもできるようになるには少し時間がかかる傾向があります。

経験を積んで幅広い分野に精通すれば、現場統括者としてビッグプロジェクトに関わるチャンスもあります。東京スカイツリーや新国立競技場レベルの、歴史に残る建造物に関わることができるかもしれません。

未経験におすすめな
施工管理職への就き方

ゼネコンの施工管理職の年収イメージ

ゼネコン業界全体の平均年収:約600万
中堅ゼネコンで10年働いた場合:約500~700万

気になるゼネコン施工管理職の年収ですが、業界全体の平均年収は約600万円で、他の施工管理職と比べると高い水準にあるようです。会社によっても変わるため一概には言えませんが、30代で400万円以上の年収にたどりつきやすい反面、その後は管理職につかなければ伸び率が低いという会社も多いようです。

どんな人がゼネコンの施工管理職になるのか

新卒でゼネコンの施工管理職を目指すなら、建築系の大学や専門学校が有利です。大手ゼネコンでも高専や高校からの採用実績もありますが、倍率を考えると厳しいかもしれません。

中途入社の場合は、施工管理の実務経験が必須となっている場合が多いです。大手ゼネコンでは施工管理技士などの資格も必要条件に加えている場合が多いです。中途の場合未経験で入るのは難しいケースが多いため、入りやすい中小企業で施工管理の経験を積んでから転職するというのも一つの手です。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※離職率 10% 以下で未経験から入れる建設技術者派遣会社をピックアップ
90%が未経験入社
ド素人をプロに育てる
株式会社
リレーション
  • 現場は東京30km圏内のみ
  • フォロー体制が高評価

初任平均月収27万1400円(固定残業代4万円以上含む)

月給参照元:エン転職
(https://employment.en-japan.com/desc_928909/)
ビッグな建物に
関わる達成感
C4
株式会社
  • 地方在住でも地元で働ける
  • クライアントは大手ばかり

月給25万円~(固定残業代4万3千円以上含む)

月給参照元:公式HP
(https://c4inc.co.jp/company/recruit/beginners/)
研修は少人数制!
独自の人材育成がウリ
アイアール
株式会社
  • 地方の現場でも住宅補助あり
  • 帰省費用負担の福利厚生

月給25万円~(転勤なしの場合)

月給参照元:リクナビネクスト
(https://next.rikunabi.com/company/cmi3500478001/nx2_rq0017316633)