Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 施工管理がどんな仕事かぜんぶわかるのコーナー! » 造園工事の施工管理はこんな仕事

造園工事の施工管理はこんな仕事

造園工事の施工管理の1日

朝礼8:00
当日の工事内容の注意点などを朝礼で確認します。会社に出勤してから現場に向かうことが多いですが、現場の状況によっては、現場に直行することもあります。

現場巡回9:00
現場を巡回します。複数の担当を受け持ち、現場ひとつひとつを回りながら、現場監督との打ち合わせなどを行います。作業内容の指示を出しながら、安全に作業が行われているか確認します。一つの現場には1時間ほど。職人と一緒に小休憩をとり、次の現場に向かいます。

休憩12:00
作業が休憩に入るのに合わせて1時間の休憩を取ります。

事務業務13:00
昼休憩の後は、会社に戻り、事務業務を行います。材料の注文や重機のリース手配をはじめ、見積書、注文書、請求書、申請書などの書類を作成します。工事台帳の管理もします。

図面作成15:00
CADを使って施工に関する図面の作成を行います。

終業確認17:00
業務が終了となり、職人が帰ります。進捗状況の報告をもらい、作業中に問題がなかったか確認をします。工程に変更が生じる場合は、すぐに調整し、連絡を行います。

退社18:00
全ての確認を終え、明日の工程を確認して、帰宅します。

1日の流れについてまとめ

Doorsイメージキャラクター「メガネ君」
メガネ君

午前中は現場を巡回し、午後は書類仕事をします。現場では職人とコミュニケーションを取りながら、円滑な業務の進行を目指していくお仕事ですね。材料や重機の発注も行います。

造園工事施工管理の仕事の大変なところは?

現場は外がメインなので、夏は暑く、冬は寒い環境です。現場を管理している間は季節によっては大変ですが、外の空気を吸いながら緑に囲まれる仕事なので、自然が好きな人には向いているかもしれません。

天候には左右されやすく、スケジュールの調整が難しい仕事です。遅れが出ると、施工に関わるさまざまなスタッフへ連絡を取り、調整を行わなければいけません。円滑な連携のため、日頃からのコミュニケーションが大切です。重いものを運ぶなど、体力を使う仕事でもあります。

【インタビュー】
10年のベテランは語る
「施工管理の魅力」

造園工事の施工管理ならではの仕事内容

緑の空間を作る仕事なので、自然が好きな人なら仕上がりを見ると心地よくなれる仕事です。仕事でのやりがいは、多くの人と一緒にプロジェクトを少しずつ完成させていくこと。また、緑を増やす作業は、地球環境への貢献にもつながる点も魅力です。

高い意識で仕事に取り組めます。現場を通る度に変わる緑の景色を見て、自分の仕事を誇らしく思えるかもしれません。工事台帳で、受注額や原価を管理、利益を管理するのも仕事のひとつ。経営の一部を担える楽しさもあります。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社