Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 【緊急インタビュー!その2】元採用担当が語る施工管理業界の実態 » 未経験からできる仕事なんて給料安いに決まってる!

未経験からできる仕事なんて給料安いに決まってる!

労働時間が長すぎて、結果的に給料が安い施工管理職

建築業界の中でも給与水準が高めの施工管理職ですが、残業が多い為時間単位で見ると給料はあまり高くないのではないかという意見もよく聞きます。本当に安くなってしまうのでしょうか?

働き方改革で改善中

例としてゼネコン系の残業事情について調べてみると、平均で月に50時間前後の残業をする会社が多いようです。一昔前は「サービス残業が当然」という雰囲気もあったようですが、働き方改革法案の影響でサービス残業をするところは減っている模様。残業代がしっかり出るため、残業が多い会社では年収アップにもつながるでしょう。

残業自体も少しずつ減っているところが多く、ホワイトな企業では月20時間程度のところもあるそうです。今後働き方改革が浸透して労働時間が短くなれば、時間単位で見たときの給料が上がりますし、プライベートを充実させることもできます。

参照元:東洋経済オンライン:「20代社員の労働時間が長い業界」ランキング:https://toyokeizai.net/articles/-/192833?page=2

残業なし、残業代完全支給の働き方も不可能ではない

どうしても残業はしたくない!というプライベート重視の方には、派遣会社の施工管理職がおすすめ。派遣先の企業と細かい内容の契約を結ぶため、最初の話と違う!といったトラブルが少ないことが特徴です。派遣と聞くと非正規雇用のようなイメージがありますが、派遣元の会社に所属する正社員扱いですから、いきなり仕事がなくなって困るということもありません。

派遣の場合は、現場でサービス残業が発生すると契約違反となってしまうため、基本的に残業代は完全支給となります。残業代は基本給よりも時間単価が高くなるため、残業で収入アップを目指すというのも選択肢の一つとして有効です。残業ゼロの働き方も魅力ですが、効率よく稼ぐための手段として適度な残業の活用もぜひ検討したいところです。

【施工管理職の給料】最低収入と最高収入

施工管理職は経験と技術によって大きく給与アップを目指せる職種です。入りたての頃の年収と、期待できる最高年収を調べてみました。

年収1000万円も夢じゃない

施工管理の平均年収のボリュームゾーンは約468万円ほど。その給与幅は「~306万円」~「839万円~」となります。

5年ほど働くと給与が増える傾向にあり、その頃になると、ゼネコンなどの大手企業へのキャリアアップも目指せます。大手ゼネコンに転職して順調にキャリアを積むと、40代で1000万円超えも夢ではありません。資格を持っていれば40代でも700万円はがもらえるえる場合が多く、年齢から考えれば目指す価値は十分にありそう。入ってしまえば実力がものをいう世界ですから、学歴無しから高年収を目指すならおすすめの職種といえるでしょう。

参照元:求人ボックス 給与ナビ:施工管理の仕事の年収・時給・給料https://求人ボックス.com/施工管理の年収・時給

【東京】施工管理派遣会社の
リアルな評判をチェック!

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社