Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 【緊急インタビュー!その2】元採用担当が語る施工管理業界の実態 » 電気通信工事施工管理のつらみ

電気通信工事施工管理のつらみ

電気通信工事施工管理はこんな仕事

電気通信工事とは、有線LANを建物内に張り巡らしたり、無線LANを電波が行き渡る範囲や電波干渉を考慮して設置したりする業務。施工管理の仕事は、現場での施工・工程・安全管理を行う仕事といえます。この仕事に就くために有利となるのが、「電気通信工事管理技師」の資格。令和から新しく加わった資格で、建設業法上の営業所の専任技術者や電気通信工事の主任技術者、さらに監理技術者として働けます。

業務内容からインターネットや通信に関する知識が求められますので、電気やコンピューターに伴う知識が必要です。通信工事の仕事はこれからも重要視される分野ですので、大きな武器となる一方で、資格を取得するのにさまざまな知識を習得する必要があるでしょう。

電気通信工事施工管理のキツみエピソード

電気通信工事ならではのキツさがあるポイントについて、実際に働いている方の意見をまとめました。

高所が苦手なのが辛い

高いところが苦手なので、アンテナや電線の敷設の際に不安になることがあります。通信系の仕事自体は好きなのですが、高所だけ苦手なので、上に登っていくのは辛いものがあります。それ以外では、満足しているので、高所での作業の際には下を見ないようにしています。

参照元:工事士.com:https://koujishi.com/denkikouji/41/

場合によっては夜間作業も

住宅の通信ケーブルの敷設では、お客さんの目の前で作業をするので、緊張することもあります。でも緊張感があって、テキパキと仕事をするようになるので、それはそれでよいのかもしれません。お客さんの要望では夜間の敷設になることもあるので、体力的にしんどいと感じることもあります。

参照元:工事士.com:https://koujishi.com/denkikouji/41/

新しい技術を常に磨き続ける

電気工事施工管理技士の大変なことは、働き続ける限り知識や技術を磨き続けないといかないことと現場をまとめること

新しい技術が次々登場するので常に学ばなくてはいけません。また、他の施工管理にも言えることですが、一人前になるのに時間がかかるのも大変な部分です。

自分が手掛けたもが無事終わった時のやりがいは感じられるますが、そこには地道な努力が必要です。

参照元:キャリアガーデン:電気工事施工管理技士のつらいこと、大変なこと、苦労https://careergarden.jp/denkikoujisekoukanrigishi/taihen/

体力的にきつい

エアコンの取り付け時期の繁忙期である6~8月は忙しく休みも取れません。

規格の変更、新技術の普及で発注が殺到します。

日中の暑い中で体力を消耗しても、休みを取れないことも…

参照元:キャリアガーデン:電気工事施工管理技士のつらいこと、大変なこと、苦労https://careergarden.jp/denkikoujisekoukanrigishi/taihen/

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社