Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 施工管理がどんな仕事かぜんぶわかるのコーナー! » ハウスメーカーの施工管理はこんな仕事

ハウスメーカーの施工管理はこんな仕事

建設業イメージ

ハウスメーカーとは

地域密着型が多い工務店などに比べると、全国に支店を持ち広い施工エリアを持つのがハウスメーカーの特徴です。会社によって規模の大小はありますが、住宅業界の中では大手の会社が多いです。大手の規模感を活かして、品質や信頼性の高い住宅商品を開発するのも特徴。アフターメンテナンス部門を設けるなど、建てた後のフォローも手厚い会社が多いです。

ハウスメーカーの施工管理職の仕事内容

ハウスメーカーの施工管理職は、現場の職人さんをまとめて戸建て住宅の着工から引き渡しまでを監督するのが主な仕事です。一軒の現場を1人で担当することが多いため、担当分野が分かれるゼネコンと比べると建築に関する幅広い知識を身に付けられるのが特徴です。最初から最後まで1人で関わるため、建物が完成したときの達成感は大きいでしょう。また、エンドユーザーと直接打ち合わせなどを行うことも多いため、スムーズに工事を進められれば感謝の声をもらえることが多いのもハウスメーカーならではの部分です。

顧客との打ち合わせを含めて、営業的な仕事が多いのも特徴です。将来独立を目指す人にとっては有利な経験を積むことができます。

未経験におすすめな
施工管理職への就き方

ハウスメーカーの施工管理職の年収イメージ

・ハウスメーカー施工管理の平均年収:約400~500万

ハウスメーカー施工管理の平均年収は400~500万円前後で、建築業界全体で見ると平均的な水準といえます。資格手当を出す会社が多く、一級施工管理士など有利な資格を持っていれば年収600万円以上も目指せます。

参照元:施工管理求人:俺の夢:http://www.oreyume.com/oreno_column/article/c118/

どんな人がハウスメーカーの施工管理職になるのか

大手ハウスメーカーの新卒は建築系以外からの採用実績も多いですが、基本的に大卒でないと難しいでしょう。建築系の高専などは採用率が高いかもしれません。中途の場合は学歴不問の求人も多いですが、実務経験に加えて施工管理士などの資格が必要となる場合がほとんどです。入りやすい中小ハウスメーカーで経験を積みながら資格を取って、大手に転職するのも一つの手です。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社