Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 施工管理がどんな仕事かぜんぶわかるのコーナー! » 電気通信工事の施工管理はこんな仕事

電気通信工事の施工管理はこんな仕事

電気通信工事の施工管理の1日

電気通信工事施工管理の、1日の流れに関する情報は見つかりませんでした。

電気通信工事施工管理の仕事の大変なところは?

電気通信工事施工管理は、新設された資格のため、人手が不足しています。一人にかかる負担は大きいと考えられます。その分、早く始めた人ほど、経験を積んでいける職種です。

仕事は、複数人のチームで動いていきます。コミュニケーションを取りながら、効率よく仕事をしていくバランス感覚が必要になります。一人で黙々と作業したい人より、複数人で協力しながら仕事を進めていく達成感が好きな人に向いています。

屋外での作業も多く、天候やトラブルなどでスケジュールに変更が起きやすいところがあります。柔軟に調整しながら納期に間に合わせなければいけません。変更が起こる度に動揺したり不機嫌になったりする人ですと、大きなストレスを感じるかもしれません。迅速に対応できる判断力が求められる仕事です。

電気通信技術は、進化が早く、新しい技術や情報を常に勉強していかないと時代に遅れてしまいます。覚えることや学ぶことがとても多いので、資格を取ってしまえばあとは勉強しなくても良いというわけにはいかないでしょう。未経験でスタートするなら、基礎を覚えるだけではなく、管理業務も覚えなくてはいけませんので、慣れるまで大変な仕事でしょう。どんどんスキルアップしていきたい人にとっては、チャンスの多い仕事といえます。

【インタビュー】
10年のベテランは語る
「施工管理の魅力」

電気通信工事の施工管理ならではの仕事内容

電気通信工事は、電話やインターネット、社内LANなどが使えるように、有線LANを建物に張り巡らせたり、電波干渉を考慮しながらWi-Fiやサーバー、大型コンピュータを設置したり、携帯電話の基地局を設置するなどの作業を行います。こうした作業を取りまとめるのが、電気通信工事施工管理の仕事。インターネットが発展している現代において、とても重宝される資格です。

この仕事の特徴は、新しい技術に触れられることです。通信技術はめまぐるしく進化しているので、少し前に新しいと言われていた技術も、すぐに古くなってしまうことも。新しく取って代わった新しい技術を導入するのが電気通信工事施工管理の仕事といえます。

また、こうした技術の導入を企業に提案するのも仕事のうちに入ります。先端の情報に真っ先に触れられるのが魅力ともいえるでしょう。世の中を新しい時代へ先導しているようなやりがいと充実感が得られます。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社