Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 【緊急インタビュー!その2】元採用担当が語る施工管理業界の実態 » 建築機械施工管理のつらみ

建築機械施工管理のつらみ

建築機械施工管理はこんな仕事

建設現場では、ブルドーザーやロードローラーなどの建設機械が動かされています。複数の建設機械が作業をしていますが、その工事現場で責任者は、「建築機械施工管理技士」という資格が必要です。

現場では主任技術者として、また管理技術者として責任を持って働くお仕事です。資格があるということは、知識や技術を持っているとみなされるため、建設現場に必要な人材といえます。そのため有資格者は優先的に採用される傾向にあるのです。もちろん試験に合格するためには、コツコツと日々の努力を重ねるほか、現場の建築機械の現状を把握する注意力・管理能力を磨く必要があります。

建築機械施工管理のキツみエピソード

建築機械施工管理ならではのキツさがあるポイントについて、実際に働いている方の意見をまとめました。

試験問題はそれほど難しくない

普段重機に乗って運転している人であれば、試験問題はそれほど難しくないです。学科も少し勉強していれば合格できるレベルだと思います。実際の作業を知っていれば、勉強自体も大変ではないと思います。

参照元:Yahoo!知恵袋:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016195965?__ysp=5bu66Kit5qmf5qKw5pa95bel566h55CG

建設機械の知識が必要

建設機械には、大小さまざまな種類があるので、設計や操作方法や安全に使用するための注意点などを覚える必要があります。勉強する内容が多いので、覚えるまでは大変かもしれません。コンピューターなどを使っていることが多くなっているので、修得すべき内容の難易度が上がっているのは、建設機械施工管理の資格と仕事をスタートさせる上でネックかも。

参照元:キャリアガーデン:https://careergarden.jp/kensetsukikaisekoukanrigishi/

とにかく勉強量が多い

特殊な機械の扱い方や関連資格、必要な勉強量がとにかく多いです。

建設機械は大小さまざまな種類があり、それぞれの操作方法、安全に操作するための注意点など、勉強しなければならないことが、建設機械施工技士の大変な点。

とくに働き始めのうちは、重機を運転するための免許や現場で必要になる資格をたくさん取得することになるため、試験勉強に時間を取られます。

近年では建設機械のコンピュータ化が進んでおり、習得しなければならない知識は増えつつあります。

参照元:キャリアガーデン:https://careergarden.jp/kensetsukikaisekoukanrigishi/taihen/

現場責任者としてつらさ

建設機械施工管理技士は、現場責任者として多くの責任が発生します。

技術者が安全に作業を進められるように現場を管理し、予定通りに作業が完了するように、自分でスケジュールを立てて現場に指示を出していきます。

建設業界の技術者たちは、職人気質な方や、個性や考え方も異なるので、自分の出した指示に従ってくれなかったり、クレームが発生したりなどで技術者をまとめてあげるのは大変です。

参照元:キャリアガーデン:https://careergarden.jp/kensetsukikaisekoukanrigishi/taihen/

機械施工のおすすめ派遣会社を紹介!

製造業の派遣に特化したおすすめの会社を紹介します。未経験からでもすべて正社員として雇用。一般的に1年以上の定着率が10%を切ると言われる製造派遣業において、年間定着率92%(2022年確認時点)を誇る会社です。

参照元:三陽工業株式会社公式HP:https://sanyou-ind.co.jp/fixing/

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社