Doors~ホワイトな施工管理職への入り口~ » 施工管理がどんな仕事かぜんぶわかるのコーナー! » 土木施工管理はこんな仕事

土木施工管理はこんな仕事

土木施工管理の1日

朝礼8:00
8時には現場に行き、朝礼・ラジオ体操に参加します。作業員が困っていることはないかなど確認しながら、巡視します。作業がしやすいようにマーキングや測量を行うこともあります。

休憩12:00
1時間の休憩を取ります。夜の作業を少なくするために、明日の準備をすることもあります。

注文など13:00
材料の注文、測量など必要な作業を行います。

終了確認17:00
作業員が作業を終えて帰ります。全員帰ったかを確認し、現場の養生ができているかもチェック。

書類確認18:00
安全書類や検査書類などを確認します。残業時間に行うことが多いです。

退社19:00
明日の作業の確認や準備を終えたら、今日の業務は終了です。

1日の流れについてまとめ

Doorsイメージキャラクター「メガネ君」
メガネ君

土木施工は外の作業になるので、雨が降ると、事務所での書類仕事になります。安全や品質に関する書類など、少しまとまった時間が必要な書類を作成する作業にあてます。現場は8時にスタートすることが多いので、朝は早めです。書類に慣れるまで残業も多くなるかもしれませんが、昼休憩中にできることをしておく人も少なくありません。作業を覚えると遅くまで残る必要はなくなりそうです。

土木施工管理の仕事の大変なところは?

現場を総括的に見て管理する役目のため、現場が動いている日に休めない仕事です。現場は日曜日のみ休みのことが多いので、プロジェクトが始まると連休が取りにくいかもしれません。

また、業界全体として人手不足の傾向があり、測量など作業員のお手伝いをすることがあります。外での作業なので、夏は暑く、冬は寒いといった労働環境です。体力を必要とする仕事といえます。

大変なことは、工事の進捗が天候に左右されること。人の都合ではなく、天候の都合で予定が狂うので、基本的に予定通りに進むことはありません。納期を遅らせることはできないため、スケジュールを采配しながらプロジェクトを進める力が求められます。

【インタビュー】
10年のベテランは語る
「施工管理の魅力」

土木施工管理ならではの仕事内容

土木施工管理は、河川や道路、鉄道、上下水道工事、港湾、橋梁などの建設現場で活躍できるスペシャリストです。施工計画を作成し、安全や品質、コストの管理やスケジュールの調整を行います。

役所への手続きや住民への説明など、幅広い業務を任されます。作っているのは、道路や橋、トンネル、河川など、目に見えて生活の役に立っている建造物なので、家族に自慢できる仕事です。子供からもきっと尊敬されるでしょう。

未経験スタートで
稼げる仕事!
定着率90%以上で続けられる期待大
施工管理へのホワイトな入口3 Doors
※定着率90%以上の施工管理派遣会社の中から社員数が多くさまざまな知見が蓄えられている会社を紹介しています。
未経験者歓迎!
充実の研修制度で
キャリアアップ
共同
エンジニアリング
勤務地は全国各地!
転勤無しで
地元で働き続ける
ワールド
コーポレーション
AI面接を導入!
昇給チャンスが
年2回
アイアール
株式会社